布団の湿気対策

フローリング布団の湿気対策をしっかりして、快適な睡眠を

私たちが毎日使う布団で気をつけなければならないのが湿気です。寝ている時の汗や季節的な空気中の湿気や結露によってカビが生える危険性があるからです。最近では、フローリングの家庭が増え、フローリングに布団を直敷きすることでカビが生えることもあります。

 

カビが人体に与える影響を考えると、湿気対策というものが重要になります。一番の対策は、除湿と乾燥です。

 

そのためには天日干しが一番になると思います。最低でも週に1回は天日に干してしっかり乾燥させることが理想的ですが、共働きが増えている今、それもなかなかできないというのが現状です。

 

また、仕事に行くため朝起きてすぐ布団を押入れに入れることも多いようですが、汗を吸い、体温で温もった状態の布団を、乾くまもなく締め切られた押入れに入れるのはそれだけでカビの原因となってしまいます。

 

このように、なかなか布団を干せないという場合、湿気対策のグッズを使うことをおすすめします。

 

他にも中でも一番いいのが、布団乾燥機です。これは、雨の多い時期にも天気を気にすることなく使えますし、乾燥させるだけでなく、ダニの対策としても有効です。

 

除湿シートを使用するのもいいかもしれません。布団と床の間に敷くことで、寝ている間の湿気をすべて吸い取ってくれるのでこれもカビの対策となります。特に、床に直敷きしている家庭や2段ベッドを使用している家庭にオススメです。

布団の湿気対策で快適に過ごそう

湿気対策には天日に干すという事が一番なのだと思いますが、お仕事をされている方などはなかなか毎日のように布団を外に干すという事は難しいと思います。布団乾燥機なども家電量販店で販売されていますが、なかなか乾燥機をするというのも面倒なものです。

 

だからと言って、じめじめした布団に寝るというのは不快なものですよね。まずは、毎日の湿気を逃すという事を心がける事が大切なのではないでしょうか。人は寝ている間に随分な汗をかき、それが敷き布団や羽毛布団などにしみ込んでしまい、湿気を帯びてしまうという事になります。

 

そんな毎日の汗などの湿気をそのままにしておかないという事がまずは大切です。布団を敷きっぱなしだという方は、毎日、二つ折りなどにして湿気を逃すという事をしてみましょう。

 

本当にそんなに一日で湿気を帯びてしまうのかと思った方は、一度新聞紙を布団の下に敷いて寝てみてください。一日寝た下の新聞紙は、湿気を帯びてバリバリとした音がしないぐらいになってしまうものです。

 

湿気を帯びてしまうからと言って二つ折りにするというのも面倒だという方には、ホームセンターなどで販売されている置くタイプの湿気取りを押し入れの中に2〜3個設置しておきます。

 

それでも梅雨など、カビが生えてしまったら早めに拭きとることが大切です。